東洋思想サロン BLOOM-ING

12月の運勢(全体運)  2021.12.6〜2022.1.4

Pocket

庚・子・四緑木星

 

 

 

早いもので、もうすぐ12月に入りますね。
気学では、12月7日の「大雪」から、次の「小寒」の前日2022年1月4日を 「12月」としています。
しかし、そこでパッカリと気が入れ替わるわけではありません。じわじわとグラデーションを描きながら切り替わっていきます。ですので今日はまだ11月ですが、12月を思わせられる事象がすでに色々と起こってきています。
体験から、ひと月の運勢も前月の後半あたりから前倒しで起こってくる事のほうが多いように感じています。このことを踏まえて参考にしていただけたら嬉しいです。

 

いつもご訪問頂きありがとうございます。福岡・天神(今泉)で九星気学と易による、「開運鑑定」と「気学」と「易」の講座を開催しています。
東洋思想サロンBLOOM-ING の長 佑充です。

 

運勢は「天・地・人」の3つの作用によって彩られて行きます。(天の気・地の気・人の気)
世の中全体の流れを掴むためには この3つ全てを見ていくことが必須となります。

 

2021年12月は①天の気「十干が庚(かのえ)」②地の気「十二支が子」③人の気「九星が四緑木星が中宮」という配置になります。

 

①②③の3つの気が地球上で生活する生き物全てに降り注いでいるひと月といえます。
好むと好まざるとに関わらず・・・みんな平等に、別け隔てなく宇宙や地球の応援を受けているのです。

 

目には見えないけれど、確かにある「気」
少し意識してみると 生かされている大きな愛に気づいて沢山のメッセージを受け取れるようになってきます。

 

 

天の気は「庚(かのえ)」

天の気とは 宇宙から降り注ぐエネルギーのことです。
「庚(かのえ)」は天の10パターンある「気」の中の7番目にあります。

 

先月、11月は「己(つちのと)」でした。カクカクと曲がった線で出来た字です。
人間は、幼子のように真っ直ぐに生きて行けたら楽で幸せなのでしょうが、悲しいことに真っ直ぐには生きれないものです。曲がりくねって迷いながら生きています。ですから「己」の字を「おのれ」とも読むのです。

 

このカクカクと曲がった角のトコロにどうしても「埃」が溜まってきます・・・。
その埃を布団叩きのような外圧で叩いて 強制的に埃を落としていくのが、今月の「庚」なのです。

 

今月も断捨離・お片付けを積極的にやると良いでしょう。
物理的なものだけに留まらないで 仕事や家事の作業工程から人間関係まで見直して行きましょう。
思い切り大胆に生活を切り替えていく事を「天の気」は勧めています。

 

「今後の自分の人生に必要か・・・?」の基準で判断して振り分けていくと良いでしょう。
「叩いて落とす」のですから決して楽ではない事が予測されます。
※2019年は一年を通しての天の気が「庚」でした。未曾有のウイルス感染症で私達の生活は大きく切り替わざるを得ない状況でしたね。
難しくて出来ないでいても、強制的に要る、要らないの振り分けは進んでいくことも考えられます。

 

個人生活では こんまりメソッドで言う「ときめく」物や事にフォーカスして振り分けしていくと良いでしょう。

 

地の気は「子」

天の気「庚」のエネルギーに呼応して地球から立ち上がって来るのが「地の気」です。
地の気は12パターン(十二支)で 12月は「子」となります。

 

「子」はネズミになぞらえますが 見えないところで爆発的に増える生き物の代表だからのようですね。

ですから今月は水面下で何かが増殖していく暗示です。
「天の気 庚」の断捨離・切り離しをキチンとしっかり出来ないと 要らない、余分な、困ったものが水面下でドンドン増殖して行きそうです。

 

人の気は「四緑木星」

宇宙と地球の気を受けて 生き物の気は「四緑木星」という星が真ん中に位置します。

 

 

四緑木星は「巽(そん)」とも書きます。この字は「己」2つと「共」から出来ています。
わがままな人を(複数=)沢山 背負って共に進んで行く「責任」を表しています。

 

四緑木星は穏やかな星ですが 穏やかに過ごすために「大変な決意」が必要になることを表しています。
四緑木星の業界 (旅行・航空・運送・貿易・通信など) は「天と地の気」を受けて、苦しい決断や更新を求められて行くでしょう。
しっかり向き合って気を掴み 知らないうちに困った事が増殖していた・・・ なんて事にならないようにしてほしいと思います。

 

 

気学入門講座

 

引っ越し方位の鑑定・ご相談

 

気学・易のよる鑑

 

詳しく深く鑑ていくと 四緑木星が中宮に座る盤面では三碧木星に暗剣殺がかかり今月は天道を背負っています。
三碧木星は若い男性 青少年の問題・事件や事故が起こることが考えられます。
先日、同級生を包丁で刺し殺してしまったという事件がありました。
天道は良いことも悪いことも強く照らし出す特徴があります。12月の気が少し早く建ちあがりはじめていることを 教えてくれているな…と感じたことでした。

 

その他もさまざまなことが鑑て行けます。
詳しく知りたい方はどうぞお問合せ下さい。

メールお問い合わせはこちら

メールお問い合わせはこちら

人生舞台で自分の花を精一杯咲かせて幸せになって頂く為に、九星気学風水・易のセミナーの開催や、各種鑑定(家相・姓名・開運・引越し・結婚等)を行います。"気の流れ"を味方につけ夢や希望に向かうのか、心配で不安な未来を思った通り引き寄せるかは全て自分次第です。お悩みやご相談を解決する術を東洋思想の気学を通してお届け致します。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所

    お電話番号
    お申し込み内容

    クリックして選択

    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    人生の様々なお悩みの解決の糸口を一緒に探して行きます。

    ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ arrow_right
    PAGE TOP