東洋思想サロン BLOOM-ING

七赤金星 7月の運勢   2021.7.7〜8.6

Pocket

 

全体運 ★★★★★

 

明るさがポイント

 

人生拡大の時

 

新しい事が始まる

 

やりすぎには注意を

 

対人・恋愛運

今月の七赤金星は明るく笑顔で過ごせそうです。

 

うちに秘めた心配や後悔がある七赤金星も 今月はそれに囚われていては

 

勿体ないですので、チョットだけ横の方に置いておいておきましょう。

 

口角を上げて 顔も少しあげて笑顔で過ごせれば 対人運も爆あがりするでしょう。

 

距離的に遠くの人や 疎遠になってしまっている人に連絡を取ってみましょう。

 

わだかまりがあった人ととも 今月は上手く話ができそうです。

 

恋愛運も好調です。

 

シングルの方には新しい恋の予感も・・・

 

爽やかなファッションが好感度をあげてくれそうです。

 

社会・仕事運

 

今月の七赤金星は 仕事でも大きく拡大できそうです。

 

新しいアイディアが浮かんできて新商品に取り入れたりと ワクワクしそうです。

 

新しい取引先、海外を含む遠方の取引先や 暫く取引が途絶えてしまっていた

 

顧客からの連絡が入ってきて 職場は賑やかになりそうです。

 

どんどん前に進めるときですので、頑張って下さいね。

 

一点注意してほしいのは 

 

影で支えてくれている人たちの存在を忘れないことです。

 

7月の19日からは夏の土用が始まります。

 

土用の期間は判断を誤ってしまいがちです。大きな仕事は月の前半に決断したいものです。

 

経済運は好調です。

 

今月の大きな支出の決断は大きな成果に繋がってきそうです。

 

経営者の方は責任重大なひと月です。

 

健康運

 

健康運も好調です。

 

朝の時間をしっかり使って 夜は早めに帰るようにしましょう。

 

疲れも溜めないように睡眠時間はしっかりと取るようにしましょう。

 

お腹の調子が悪いと感じたら 疲れが溜まってきたサインかも

 

今月は 予め冷たい飲み物を取りすぎないようにしたいですね。

 

ラッキーカラー

 

ブラック・モスグリーン

 

ラッキーフード

 

香草入りスープ

 

ラッキーアイテム

 

可愛い髪飾り・育毛剤

 

解説

 

東に迴座して天道がのる

今月の七赤金星は三碧木星の本籍地:東に座り天道を背負います。

 

東は朝日が昇る方位、そこで天道を背負うわけなので運勢は強いことが分かります。

 

これまで暗くて先が見通せない所にいて 不安が大きかった人も多かったでしょうが、

 

東の空から一気に朝日が昇るように 視界が広がってきますので、嬉しいひと月となりそうです。

 

さらに、今月は天道を背負います。

 

光の強さを示している「天道」がさらについていますので、

 

その光のパワーは、これまでの朝日とは比べ物にならないのです。

 

その光で隅から隅まで照らしてゆかれるので これまで胸の奥深くに隠していた

 

思いや感情までもが見えてくることになりそうです。。

 

「天道」は良いも悪いも照らし出す・・・と言われる所以がここにあるわけです。

 

運勢は強く、盛大なのですが 相当の覚悟も必要と言えるひと月になりそうです。

 

一年の運勢も 北西という運勢の強い場所で「破壊殺」を背負っていて

 

自分の思い通りの活躍が中々出来ないでいる七赤金星も多いのではないでしょうか・・・

 

そんな不完全燃焼気味の七赤金星の今月はしっかりと決意を持って

 

明るい光の中に飛びこんでみましょう。

 

ここで、ひとつ忘れないようにしたいのが 自分が光に入ることで影を作ってしまうこと・・・

 

出来る限り頭は低くして進んでくださいね。 

 

更に 月の前半のスタートダッシュと朝の活動が物をいうひと月です。

 

タイムスケジュールを調整して 朝に時間を有効に活用する事をおすすめします。

 

特に今月の19日からはじまる「土用」の期間は 判断が鈍りやすくなり

 

体調も今ひとつとなってしまうことが多いのです。

 

ぜひとも その前には筋道をたてておけるようにしたいですね

 

年盤は四緑木星

 

2021年の年盤上 東には四緑木星が迴座しています。

 

今月の七赤金星はこの上に座っているかたちになります。

 

七赤金星は「経済」の星 年盤の四緑木星も「整い」「収入」を表しています。

 

少し似ているこの2つの星が重なることから、

 

今月の七赤金星は「収入が整い」嬉しい明るいひと月となりそうです。

 

木性の星が相星とならない七赤金星ですが 楽しいことは大好きな星ですので

 

明るく積極的に動くことができそうですね。

 

四緑木星の「遠く」「営業」「調和」という象意を意識して活動してみましょう。

 

七赤金星は自身が思うより遥かに高い実践力と行動力を持っている星です。

 

そこに、少しだけ苦手な「責任」を自ら背負って行く決意さえできれば 

 

この最大の盛運期をしっかり活かして行けるのです。

 

一白水星が同会

 

今月、年盤上七赤金星が迴座する北西には一白水星が迴座しています。

 

これを同会と言って他動的な動きを類推するために用いるのです。

 

この配置から、今月の七赤金星は他動的には吉凶入り混じった運気が予想されます。

 

一白水星は「万初」「水」「穴」などの象意があることから・・・

 

今月、七赤金星が気づかないところで 何かがはじまる事が考えられます。

 

また、一白水星は「家族」「健康」のどのキーワードもありますので 

 

身近な家族の健康状態にも 少し気を付けておくようにしましょう。

 

 

易卦で運勢を読み解く

 

上卦が七赤金星の「沢」 下卦が四緑木星の「風」でできる大成卦

 

今月の七赤金星を易卦で表現すると「沢風大過」となります。

 

卦辞が「大過は棟橈めり(むなぎたわめり)往くところあるに利あり亨る。」

 

とあります。棟橈めり→屋根が重くて棟木がたわんで今にも崩れそうな状態

 

このように何とか踏ん張っている状態だと言っています。

 

「往く」は 行く と違って自分から積極的に行くことです。

 

棟橈がたわんで危険な状態ですが 自分から積極的に行動してゆくことは

 

「往くところあるに利あり亨る」

 

利があって思うように進む と言っていますね。

 

ですので、今月は盛運なひと月であっても 無理のし過ぎはいけません。

 

テーブルの上に荷物を置きすぎて 四本の足がふんばっている・・・

 

易のかたちから 連想できる状態です。

 

今月の七赤金星は 盛運期のまっ只中ですが、ガンガンとやりすぎてしまわないように

 

注意が必要と 易 は教えてくれています。

 

 

 

このように 迴座の方位 年盤上の星 同会する星 易卦からの解釈から 

 

今月の自分の星の運勢が見えてきます。

 

九星気学は天体学ですので、星の運行と象意を学べば 誰でもひと月の流れ

 

一年の流れは鑑て行けるようになります。

 

占い師や鑑定士が運勢を書く前から 自分自身で迴座のうねり

 

グラデーションがわかり 自ずと準備や注意が出来るわけです。

 

知らずしらずの間に 自身と家族・事業を守る技が身についてきます。

 

 

気学入門講座

 

気学・易による鑑定

コメントは受け付けていません。

Pocket

人生の様々なお悩みの解決の糸口を一緒に探して行きます。

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ arrow_right
PAGE TOP