東洋思想サロン BLOOM-ING

三碧木星 7月の運勢   2021.7.7〜8.6

Pocket

全体運 ★★

 

停滞してから流れ出すひと月

 

思い通りには進まない

 

上からの依頼にはしっかり応える

 

やりたくないこと程、丁寧に

 

対人・恋愛運

 

今月の三碧木星は これまで順調に進んできたものが 一旦動きを止めてしまうこととなりそうです。

 

動きが止まるのは 次へのステップの始まりのサインなのです。

 

必要以上に不安になることがないように・・・

 

今月の停滞は 次なるステップに昇る準備のために必要なものです。

 

これまで 順調にいろいろな事がすすんでいた三碧木星にとっては残念な感じですが

 

次のステップでの活躍のためにしっかり踏ん張ってください。

 

家族や親族関係で思い違いなどのトラブルが起こることも考えられます。

 

思い通りに行かなくても不満を言わずに対応するようにしてみましょう。

 

恋愛運も低調です。

 

思わず喧嘩をしてしまったり、別れてしまう・・・なんて事にならないように

 

一人の時間を持って、冷静にいろいろなことに思いを巡らせてみましょう。

 

シングルの人は おしゃれに気をつけて吉です。

 

 

社会・仕事運

今月の三碧木星は いつも以上にやる気に満ちているようです。

 

ですが、残念なことに 中々思うように進んでゆきません。

 

そのため、ついイライラしたり怒りを爆発させてしまったりしてしまいそうです。

 

それでは 開運には程遠くなってしまいます・・・

 

考え方を切り替えて、じっくり待つことにチャレンジしましょう。

 

動くことが何より大好きな三碧木星は辛さを感じるでしょうが

 

目標をしっかりと持って 諦める事さえしなければ踏ん張って行けるので大丈夫です!

 

今月は目上の人、あるいは師匠筋から 大きな仕事の依頼が来るかも知れません。

 

これは、宇宙の意思なので 心して引き受けるようにしましょう。

 

経済運も低調です。

 

今月は 入ってくるものより出ていくものが多く なかなか厳しいやり繰りが

 

必要となりそうです。

 

事業経営をされている三碧木星は踏ん張りどころとなります。

 

ギリギリのところで銀行融資がおりたり・・・チョットはらはらするかも知れません。

 

とにかく、絶対に諦めない強い気持ちが大切です。

 

 

健康運

 

健康運も低調です。

 

事故や怪我に注意くれぐれも気をつけるようにして下さい。

 

足がつる時は頑張りすぎのサインです。

 

できるだけ早めに休養を取るようにしましょう!

 

ラッキーカラー

 

レッド・ベージュ

 

ラッキーフード

 

青椒肉絲・ビーフカレー

 

ラッキーアイテム

 

ガラスのピアス

 

解説

 

北東に迴座し破壊殺を背負う

今月の三碧木星は八白土星の本籍地:北東に座り破壊殺がつきます。

 

北東は鬼門方位であり、鬼門は気の門でもあります。

 

北東を担当する十二支が丑と寅で、旧暦の12月と1月を担当していて 

 

一年の始めと終わりを表している。

 

ですから北東の八白土星には「変革」の象意があるのです。

 

人はどうしても変化を嫌います。変わらないほうが楽だからです。

 

しかし、変化がない人生などありえませんので、定期的にこの迴座が巡ってくることで

 

否応なしに変化させられて 人間は向上してゆくのです。

 

必ず「変化」してゆかなければならない事を理解して この迴座に座る時を迎え

 

積極的に波にのって行くために「変わるための準備」を、少し前からして臨む

 

くらいの覚悟がほしいところです。

 

★・・・と書きながら 運勢の公開がギリギリになってしまっていて申し訳ありません。

今月の反省を元に 毎月の運勢の公開を月末の28日までに公開してゆくように

スケジュール調整をしたいと思います。★

 

その他に八白土星は「変化」「相続」の象意をもっています。

 

今月の三碧木星はさまざまなところで大きな変化が起こることになりそうです。

 

そのどれもが 三碧木星にとって不都合な事が多く それに伴って大きく停滞することが

 

予想されるのです。

 

今月の変化によって生じた損失は 巡り巡って三碧木性を成長へ導くお手配となるのですから

 

不安に思う必要はありません。

 

今月は破壊殺がついているため 自分の目標をしっかりと持って、予定通りに進まなくても

 

不満に思わないようにしましょう。そして何より大切なことが 決して諦めないことなのです。

 

年盤は九紫火星

 

2021年の年盤上 北東には九紫火星が迴座しています。

 

今月の三碧木星はこの上に座っているかたちになります。

 

九紫火星は「怒り」の象位があります。

 

今月は破壊殺を背負って 思い通りに進まなくて怒りの感情が湧き上がりやすいようです。

 

怒りに任せた動きをしてしまう三碧木性も多いのではないでしょうか・・・

 

その他に九紫火星には 「崇高」「尊敬」などの意味もあります。

 

尊敬できる人がいる三碧木星は運勢は強い特徴がありますが

 

今月はぜひ、お土産を手に尊敬する人の元を訪ねてみましょう。

 

感謝の気持ちを行動や形にして行くことをが大切になってきます。

 

尊敬する人が思いつかない三碧木星は 実家に帰ってみる事をお勧めします。

 

もちろん お土産を忘れずに〜

 

六白金星が同会

 

今月、年盤上三碧木星が迴座する南西には六白金星が迴座しています。

 

これを同会と言って他動的な動きを類推するために用いるのです。

 

六白金星が同会する時 象意の「師匠」「先生」「父」といった人たちから

 

さまざまな依頼、頼まれごとがくることが考えられます。

 

八白土星の「相続」と相まって父から相続の話がくることも考えられる。

 

その相続は遺産だけではなく、意思の引き継ぎでもあり それをさらにより良いものに

 

してゆくという使命を背負ういことでもあります。

 

心の軸をぶらすことがないように真正面から向き合うようにしましょう。

 

ここでひとつ注意してほしい事として、7月19日〜始まる土用の期間中に

 

大きな決断はしないようにして下さい。

 

三碧木性の特性から即断して動き出したい所でしょうが くれぐれも注意して下さいね。

 

土用の注意点はコチラを参照下さい

易卦で運勢を読み解く

 

今月の三碧木星を易卦で表現すると「雷火豊」となります。

 

上卦の三碧木星が「雷」 下卦が九紫火星の「火」でできる大成卦です。

 

この卦は「豊」で みるからに運勢が強いことが分かると思います。

 

卦辞は「豊は亨る。王これに仮る。憂うるなかれ。日中に宜し。」とあります。

 

仮る とあるので、本物の成果はまだ先という事を表しています。

 

ですから 今はやりたくないことをやる・・・や、理不尽な事を受け入れることをする時なのです。

 

今月の三碧木星は「いろいろやらせる」ほどに運勢が強いといえますね。

 

豊かになるためには それ相応の苦労を乗り越える努力が必要になります。

 

心の中の夢・目標を太陽のように高く掲げて どこまでもその高みを目指して努力・精進

 

していくことがとても大切だと教えてくれています。

 

このように 迴座の方位 年盤上の星 同会する星 易卦からの解釈から 

 

今月の自分の星の運勢が見えてきます。

 

九星気学は天体学ですので、星の運行と象意を学べば 誰でもひと月の流れ

 

一年の流れは鑑て行けるようになります。

 

占い師や鑑定士が運勢を書く前から 自分自身で迴座のうねり

 

グラデーションがわかり 自ずと準備や注意が出来るようになるにで

 

知らずしらずの間に 自身と家族・事業を守る技が身についてきます。

 

 

気学入門講座

 

気学・易による鑑定

コメントは受け付けていません。

Pocket

タグ:

関連記事RELATED ARTICLE

人生の様々なお悩みの解決の糸口を一緒に探して行きます。

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ arrow_right
PAGE TOP