東洋思想サロン BLOOM-ING

一白水星 6月の運勢 2021.6.4〜7.7

Pocket

全体運

周囲との協調がポイント


チャンスがやってくる


慎重にすすめて行く


問題解決は自己成長につながる


積極的に待つ決意

 

対人・恋愛運

6月の一白水星の運勢は強いです。

自分は真ん中に座って周りの皆と協調しながら、慎重に進めて行くのが良さそうです。

バタバタと推し進めようとすると、自分の足元の小さな組織、例えば家族などに思いもかけない問題が出てくることになりそうです。

今月は高運気であることは間違いないのですが、慎重な歩みがとても大切になってきます。

周りに居る人達と協力して、自分が率先して楽しそうに過ごしてみましょう。

恋愛運は堅調です。

心にゆとりをもってデートに行きましょう。

恋人募集中の一白水星は、ニコニコ笑顔で良い縁を引き寄せるイメージが大切です。 

 

社会・仕事運

今月の一白水星にはさまざまな頼まれごとがやって来ます。

その中には師匠筋からの依頼もありそうでしす。

自分にとって荷が重い内容でも 今月はその中にチャンスが隠れている事があるので 頑張って引き受けるようにしましょう。

そんな中、思いがけないトラブルや問題もやってくるでしょう。

驚きとともに、正直かなり辛さを感じるでしょう。

しかし、今月の一白水星は”盛運”ですので それらの問題を解決へ導く事ができそうです。

問題にしっかり向き合って解決へ導くことは 一白水星の自信につながり、自己肯定感をアップさせてくれるでしょう。

経済的にはここまでの頑張りが成果として現れる嬉しいひと月となりそうです。

健康運

堅調です。先月に引き続き疲れやすいようです。

適宜、休養をしっかりととって頑張りましょう!

蒸し暑い季節に入ります。冷たいものの取り過ぎには気をつけて。

胃腸の働きが低下すると免疫力も低下して体調不良の原因に・・・。

ラッキーカラー 

シルバー イエロー

ラッキーフード

チーズ春巻き メロンヨーグルト

ラッキーアイテム

リサイクルのブランド品

全体の解説

・・・中宮に迴座する・・・
 

今月の一白水星は五黄土星の本籍地”中宮”に迴座している。

これまでの頑張りの結果が見える時です。

なぜか、いつも”気後れ”してしまって 成果の果実を受け取れない一白水星ですが 今月はしっかり受け取るようにしましょう!

そして「自分は宇宙に愛されているんだ!」と強く感じる事ができるひと月にすると良いでしょう。

更に今月を境に 自分がどんどん幸せになってゆくイメージを明確にもって元気よく歩みを進めてゆきましょう!

最初は妄想でも良いのです。

・・・年盤は六白金星・・・

今月の依頼には目上や格上の人からの話もあり、チャンスが内包されて可能性が高いです。

いつ呼ばれてもすぐさま対応できる心の準備をしておきましょう。

なぜか一白水星は自己評価が非常に低い星。

もっともっと幸せになっていいし、もっと大胆に生命を輝かせることを考えて良いのです。

「自分はこんなもんだ」などと自分自身で限界値を設定することなく、天の導きに従うように、目上からの声に従って、自身の人生をお大きく拡大することを考えましょう。

今月くる重めの依頼は 宇宙の期待でもあります。

返事は「はい」か「yes.」しかないと覚悟をして、精一杯応えてゆきましょう。

・・・五黄が同会する・・・

年盤上一白水星が迴座する南に、今月は五黄土星が乗っています。これを同会と言って他動的な動きの可能性を類推できるのです。

”中宮”で”六白迴座”と非常に運勢が強い一白水星の元にさまざまな問題があちらこちらから持ち込まれてくることになりそうです。

そう、今月はさまざまな問題を処理していく役割も

担っているのです。

周囲から難題が持ち込まれ、それを処理していくのに時間を取られそうです。舵取りを間違えればぬかるみにハマったように身動きが取りづらくなるから注意しておきたいですね。

運勢は強いのですから問題が持ち込まれたら「自分が成長させて貰える」と前向きに捉えて向き合って行きましょう。 

・・・易卦で運勢をみると・・・

今月の一白水星を易卦で表すと「水天需」となります。「需」は「グズグズする」「待つ」事を表わしています。

しかし、それは決して消極的な意味ではなく、自分が今まで必死で頑張ってきた事に対する、天からの返事を(積極的に)待つことなのです。必ず返事は来ますので、どんなに心配でも美味しいご飯を食べて 精神的な余裕を持って楽しんで待ちましょう。四徳揃った大吉の卦でもあるのですが、最初からどんどん進む感じではないのが 苦労星一白水星らしいですね。前半戦は思い通りに事態が進んではくれないけれど、明けない夜は無いように後半には運勢が立ち上がって進んでゆきます。そうなって慌てなくて良いようにしっかり準備をして待ちましょう!

現代の社会ではとかく”直ぐに” 結果がわかるものが重宝されますね。そのため「待てない」人が多くなって来ているのではないでしょうか・・・

私もずっと待つことが大嫌いな人間でした。

しかし、「気学」を学んで「易経」に触れるにつれて ”待つこと” ”待てること”の意味が分かってきたように思います。「待つ」には信頼が必要なのです。何に対する信頼でしょうか? 自分に対する信頼、これまで自分が頑張って来たことに対する信頼、相手の人に対する信頼、社会に対する信頼、天(宇宙)に対する信頼・・・

ありとあらゆる事に対する信頼があってはじめて「泰然と待てる」のだと思います。

そのためには 自分は一人の人間であり、宇宙の一部なのだという自覚が大切なのだと思います。

私たちが生きているのは宇宙の意思なのです。先ずそこから信頼してみましょう。

コメントは受け付けていません。

Pocket

タグ:

人生の様々なお悩みの解決の糸口を一緒に探して行きます。

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ arrow_right
PAGE TOP