東洋思想サロン BLOOM-ING

二黒土星 6月の運勢 2021.6.4〜7.6

Pocket

全体運

高運の月!忙しい。

自分の決意が大事

水面下ではじまるものあり

慌てると危険、事故に注意

仕事は期限を決めて取り組む

対人・恋愛運

好調です。忙しい中でも、家族や恋人など親しい人と楽しく会話したり お食事に出かけたりしたいです。
感染対策をしっかりとして、少人数で・・・と制限がありながらも、可能な範囲で 楽しむようにしましょう。
会食が難しいようでしたら Zoomでおしゃべりしたり、オンラインゲームで遊んでみたりするのも良さそうです。
あんまり呑みにも行けないのに 何故かお金がなくなってしまう・・・なんてこともありそうです。
今月の支出は、はじめから計画的にするようにしましょう。

恋愛運は好調です。
ドライブデートは一旦停止と赤信号に気をつけて ゆとりをもったタイムスケジュール

社会・仕事運

大きな仕事が沢山舞い込んで来そうです。責任が思い仕事や少し荷が重いと感じる仕事も混ざってやってきます。

今月は運勢が強いですので、積極的に受けて行きましょう。

そんな中予想外の事がありそうです。

①嬉しい予想外のことが起こる二黒土星と ②予想外のトラブルに見舞われる二黒土星に分かれそうです。

トラブル場合は、慌てず慎重に対処するようにすると良いでしょう。

健康運

口内炎ができたら疲れが溜まって来ているサイン、
早めに体のメンテナンスをしましょう。

今月、口腔ケアーはラッキーアクションです。

歯科で検診を受けるのも良さそう。

それから、思わぬ怪我や事故には充分に気をつけるようにして下さい。

また、風邪も引いてしまうと長引きそうですので充分に気をつけるようにしましょう。

ラッキーカラー 

ピンク・パール・オレンジ

ラッキーフード 

豚キムチ・鶏の唐揚げ

ラッキーアイテム 

宝石(イミテーション)のアクセサリー

全体の解説

・・・北西に迴座して天道を背負う・・・

今月の二黒土星は北西に迴座していて天道を背負っています。ここは元々六白金星の本籍地です。今年の二黒土星は「陥入」という真冬の辛い一年なのですが、そんな中、今月の運勢は大変強く、辛さの中これまで頑張って育ててきた成果の果実をしっかり実らせてゆく、最終段階に入ってきたと言った感じの運勢です。さらに強い天の光に照らし出されていますので果実の成長も早く大変忙しくなりそうです。思い切り動けるこの運気に乗ってしっかり前に踏み出してみましょう。

・・・年盤は七赤金星で暗剣殺が付き・・・

七赤金星は「飲食」や「喜び」の星で楽しい雰囲気を持っている星です。二黒土星とは相星でもあるから吉の作用を期待したい所なのです。しかし、今年の七赤金星は暗剣殺が付いているので思いがけない事が伴うことになりそうです。その原因は長女の問題だったり、遠方から来たお客様だったりが考えられます。チョットお付き合いが疎遠になってしまった方などとの関係も注意しておくようにしましょう。

また、車の事故にも充分に注意しておきましょう。楽しみのしていたドライブが残念な事にならないように、車の点検をしっかりとして、余裕を持ってハンドルを握るようにしたいものです。

感染症にも細心の注意が必要です。新型コロナの予防にも、まだ気を抜かないようにしたいです。

・・・六白金星が同会する・・・

年盤上二黒土星が迴座する北に、今月は六白金星が乗っています。これは他動的な動きの可能性を類推できるのです。六白金星は運勢がとても強い星なのですが、北に迴座する時は必ず暗剣殺も付いてきます。

北の陥入+暗剣殺 でも大変そうなのですが、、、今月は破壊殺まで付いて来ますので六白金星は踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂状態?そんな六白金星が年盤の二黒土星の上の乗って来るのですから、他動的な難には充分気をつけて過ごしてください。

上手く行かないことがあっても不貞腐れたりせず 笑顔をと明るさを忘れないように。そして、諦めない強い気持ちがとても大事になります。

今月は九星全ての星に共通して新しい事がはじまる運気なのです。二黒土星は10月頃から陥入の影響から抜けだす運気です。そのための準備が「一滴の水」として、はじまって来るようです。

・・・易卦で運勢をみると・・・

今月の二黒土星を易卦で表すと「地沢臨」となります。

これは四徳が揃った大吉の卦です。幕末の志士 勝海舟が愛した卦です。「臨」と言う字は上から下を見下ろすという意味があって、お天道様が二黒土星の頑張りや可能性を見ているという意味です。

宇宙から期待されているのです。しっかりその自覚が欲しい卦なのです。普段から自己評価があまり高くない二黒土星なので、ピンとこないかも知れませんが、今月はこの宇宙の真理に素直に従ってみましょう。八月に至りて凶ありとあるように、この卦の時はズルズルと続けてしまうのは良くないので、期限を決めて物事には取り組むようにしましょう!そうすると二黒土星の望みが大いに通る事が約束されているのです。

この記事を書いた人

長佑充

気学と易をこよなく愛する開運鑑定士です。看護師でもあり3人の子供の母でもあります。艱難辛苦も沢山経験しましたが 気学の幸せへの道を爆進中です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

タグ:

人生の様々なお悩みの解決の糸口を一緒に探して行きます。

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ arrow_right
PAGE TOP