東洋思想サロン BLOOM-ING

八白土星 6月の運勢 2021.6.4〜7.6

Pocket

全体運

①運勢は希望に満ちて大きく進む

②心の扉を開こう

③新しい動きがはじまる

④試練は成長の糧と考えて

⑤覚悟を決めてチャンスに乗ろう

対人・恋愛運

ここ数ヶ月間、いろいろと不調を感じていた八白土星は多かったと思います。一年の運勢は盛大だと言われているのに、、、なぜ? って思いますよね!

でも、今月から本格的に明るいところに出てきています。胸をはって颯爽と歩いてゆきましょう。新しい出会いなどがあって、そこから発展してゆく運気に満ち満ちているのです。

自分の弱さや少々オッチョコチョイな可愛らしいトコロを表に出すのが苦手な八白土星ですが、今月は心の扉を大きく開放して自分を曝け出して行けると良いでしょう。

恋愛運は好調です。思いをプレゼントに込めてデートの時に渡してみましょう。結婚へと二人の思いが進んでゆくこともありそうです。

社会・仕事運

忙しいながらも仕事はどんどん進んでゆくので、足取りも軽く 疲れを感じないで行けそうです。

新しいアイディアが閃いたり、嬉しい出世話があがるかも知れません。

ここで、悪い癖でもある「傲慢さ」が顔をださないように気をつけましょう。そこさえ気をつけて行ければ、やって来た話は基本”チャンス”と捉えて乗ってみて大丈夫でしょう。例え辛さを伴う事案であっても 八白土星のさらなる成長を願って「天」が与えてくれた試練と受け止めてチャレンジして欲しいと思います。

健康運

心配いらないでしょう。

体は軽く気持ちも穏やかに過ごせそう。

それでも、喉の痛みや声が枯れたりするようでしたら、疲れが溜まってきている証拠。早めに休みをとって養生するようにして下さい

ラッキーカラー 

ライトグリーン・ ブルーイエロー

ラッキーフード 

野菜たっぷりチャンポン・冷やし中華

ラッキーアイテム 

扇子 ・ アロマ

全体の解説

・・・東に迴座する・・・

今年「一年間の運勢は強い」と言われていた八白土星です。しかし北の陥入→南西の暗剣殺と続いたこの数ヶ月間はかなり不本意な日々が続いていたという人が多かったのではないでしょうか? 

今月の八白土星は東に迴座して朝日が登るところにきました。東は元々三碧木星の本籍地です。様々な新しくて楽しいアイディアや閃きがどんどん出てくるでしょう。

鬼門線で生と死を担当する八白土星はしっかり者で、なんとなく他を寄せ付けない崇高な雰囲気を持っている星です。しかし今月は心を開いて自分をさらけ出して見ましょう。

今月から、(年盤と月盤が同じになる秋辺りまで、驚くほどの運勢の強さに導かれて大きく人生が拡大して行くでしょう。

・・・年盤は四緑木星・・・

今月三碧木星が迴座する東に、年盤上は四緑木星が居ます。四緑木星は「風」であり「従う」であり「整い」の星です。

三碧も四緑も同じ「木性」の星で拡大発展の気に満ち満ちています。

今月の八白土星は自分が持ち合わせていない勢いのある風雲雷雲に乗って、人生の拡大へと命を運んで行くことになりそうです。

それは決して心地よい物ばかりではなさそうです。

辛さを伴う様々な事案が持ち込まれる事もありそうです。しかしどれもが、八白土星がより一層成長してゆく事を願う「天からの愛ある試練」と受け止めてゆくと良いでしょう。

・・・三碧木星が同会する・・・

年盤上八白土星が迴座する西に、今月は三碧木星が乗っています。これは他動的な動きの可能性を類推できるのです。

今月八白土星の周りで新らしい動きが次々と出て来ることになりそうです。正直気乗りしない事も多いかも知れませんが、声がかかった時は前向きに考えて行くようにして下さい。

人生、何が正解だったかなんて、ずっとずっと後にならなければ分からないものです。決断直後に苦しくなって「失敗した?」なんて思うこともあるかも知れませんが、本当の意味で、成功だったのか、失敗だったのかなんて、そうそう直ぐには分からないものです。しっかりと納得してチャレンジを決めたのであれば、それが「成功であった」と言えるように「自力」のベクトルをしっかりと向けて、自分のありったけの力をそこに注いで行くしかないのです。するとその力に応じた天の助けが「他力」として返ってきてくれて、ずんずんと進んで行くようになるのです。

・・・易卦で運勢をみると・・・

今月の八白土星を易卦で表すと「山風蠱」となります。

「元いに亨る。大川を渉るに利あり。」元・亨・利が揃った、「吉」の作用がかなり強い卦です。

「蠱」という字はお皿に虫が沢山のっていて、ちょっと気持ち悪い感じですね。お皿のお肉あるいは果物が腐り始めている事を表わしています。

でも、お肉は腐りはじめが熟成されていて美味しかったりしますよね。果物もうれにうれていて、今が食べ時!今食べないともう腐っちゃうよ!ってタイミングの時です。

これは”大チャンス”を教えてくれています。腐れる(発酵がすすむ)ということは、細胞がバラバラになって、(組織などの)再構築のチャンスと言えるのです。

今月の八白土星は大きな運気の波に乗って、自分の組織の建て直しなどに着手するチャンスがやって来ていると言えます。

運気は整っています。後は八白土星の「覚悟」次第と言ったトコロなのです。

この記事を書いた人

長佑充

気学と易をこよなく愛する開運鑑定士です。看護師でもあり3人の子供の母でもあります。艱難辛苦も沢山経験しましたが 気学の幸せへの道を爆進中です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

タグ:

人生の様々なお悩みの解決の糸口を一緒に探して行きます。

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ arrow_right
PAGE TOP